さらに貪欲にお金を即日で借入する際の効率がよい方法とは?

50代女性でもパパから借りる方法

借入

お金を借りたくなるほど家計がピンチかもと気づいたときこそ、すぐに用意する必要がありますよね。

 

だけど借りる場所を間違えてしまうとろくなことにならないのも世の常だったりします。

 

お金を借入する際はどこがよいのかを紹介していきますね。

 

緊急小口資金

 

小口資金

低所得者層を中心に借入できる制度です。

 

社会福祉協議会に電話を入れてからが勝負となりますよ。

 

とくに2020年〜流行りはじめたコロナの影響にて、借入が必要となった方向けに最大200万円まで貸してもらえる可能性があります。

 

ただし所得減少が証明できない場合は、なかなか借りられないと嘆いている人もいますので、必ずではありません。

 

金利は、連帯保証人を立てる場合は無利子です。

 

連帯保証人がいない場合は年率1.5%になります。

 

ただし最終償還日までに完済できなければ年率10.75%の支払いが発生します。

 

消費者金融

 

消費者金融からの借り入れ

アコム・レイク・プロミスなどのCMでよく見かける金融機関ですね。

 

最近はコロナ禍の影響でスマホ1台にて契約がすんなりできるような仕組み作りへと変わってきています。

 

もちろん後日必要な契約書類のやりとりはあります。
返済する際は、リボルビング方式のケースがほとんどで毎月定額ずつの返済となるため負担が少ないですよ。

 

パパから借りる

 

パパから借入

パパにお金を用立てする際には、もはや借りるというよりもらうに近いですね。

 

実はH目的などの下心がある場合にお金を借りた場合には返済する義務がありません。

 

だけど実際に会っている場合では、返済しないで逃げることはトラブルになりそうですよね。

 

ところが基本的にパパと出会うことで毎回もらえるお金の前借りみたいな状態になります。

 

つまり1回1万円ほど会えばもらっていたのを5回分5万円ほど先にもらえたわけですよ。

 

パパ活する場合は複数人のパパが入れば、人数分だけお金の貯まる速度が早くなります。

 

またパパ活だと借入したことすらうやむやにできるメリットがあるため、緊急小口資金や消費者金融の借入だと返済する義務が生じますけど、パパからなら必ずではありません。

 

間違えてもやってはいけない借入は?

 

やってしまうと困ること

パパからお金を気持ちとしてはもらう形で借りにいけるのであれば、パパと会わなくてもいいじゃんと思うかもしれません。

 

ただししくじってしまうケースを1つ紹介しますね。

 

ツイッターで借入できる人を探す

 

ツイッターは日本で利用者が数千万人以上もいるため、出会い系サイトで募集するよりも余裕で相手がみつかりそうですよね。

 

ところがツイッターはデメリットがかなりありますので気をつけてください。

 

掲示板の投稿内容を誰も管理してくれない!

 

実は掲示板には書き込みしてはいけない内容があります。

 

・お金のやりとり

 

・暴力的な発言

 

などです。

 

たとえば出会い系サイトであれば、運営元により規約違反の書き込みは削除されます。

 

もちろん悪質なユーザーだと判断されると利用停止になるわけです。

 

ところがツイッターだと野ざらし状態となりますので、警察へ通報する人もいれば警察(サイバーパトロール)が見つけて特定します。

 

つまり逮捕されてしまう恐れが付きまとい続けることを知っておく必要があります。

 

闇金から入金され後日返済を求められる

 

甘い誘いに乗せられて一部のユーザーが銀行口座をさらけ出してしまうと、いつの間にか5万円などの少額な入金があるケースもあります。

 

闇金からの借入が9割以上と多く、後日から利息100%以上の金利で返済を求められます。
踏み倒されないようにかなり脅してきますので、返済が永遠に終わらないため弁護士や警察署へ駆け込む形になりやすいですよ。

 

結局的に借入した何倍もの支払いと気苦労がのしかかるわけです。
決してツイッターから安易な借り入れ先を探そうとしない方がよいでしょう。

 

パパ活で使えるサイトランキング

page top